144分の1から

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

ロケットガール(終了)

ロケットガール mission01

 

「ディスティニィ」


ロケットガール・2月21日からWOWOWで放送開始(ノンスクランブル・無料)


ネリス女学校に通う女子高生・森田ゆかりは夏休みに単身南の島ソロモン諸島にやってきた。目的は新婚旅行中に行方不明になった父親探し。


rocketgirls01.jpg



その島には日本の宇宙開発計画ソロモン宇宙協会(SSA)がロケットの打ち上げを行っていた。しかし相次ぐ失敗(先住民は日本人の花火だとお祭り騒ぎ)に政府は本年度中の有人ロケット打ち上げが成功しないと予算を打ち切りを通告。


追い込まれたSSA所長・那須田は推力はあるが信頼に欠けるLS7ブースターの使用をあきらめ、推力は減るが信頼性の高いLS5の使用を決める。しかしそのためには余分な重量を減らす必要があり、ロケット自体の強度係数まで下げ、さらに宇宙飛行士の安川(航空自衛隊からの出向)に生命の維持さえ危ない減量を指示。身の危険を感じ安川はライトアーマー(軽装甲機動車)で脱走を図る、途中でゆかりと出会い同乗されてしまう。UH-1(ヘリ)とのカーチェイスを逃げ切りなんとか町に逃げ込んだが、あっさり家主に裏切られ安川は捕まってしまう、安川を連れ戻しに着た那須田はゆかりを見つめある考えが閃く、そしてゆかりに「父親探しを手伝う代わりにアルバイトしないかね?サルでも出来るから」と・・・承諾するゆかり


次回missin02「アッセンブリ」


キャスト


森田ゆかり:仙台エリ


マツリ:生天目仁美


三浦茜:長谷川静香


那須田勲(SSA所長):菅生隆之


旭川さつき(医療主任):柳沢真由美


安川晴行(宇宙飛行士):田中一成


木下和也(主席管制官):黒田崇矢


向井博幸(技術主任):土門 仁


三原素子(化学主任):豊嶋真千子


 


女子高生が宇宙飛行士になるとんでもないお話(笑)。「ふたつのスピカ」というのもありましたが、ロケットガールのほうはより技術面に凝ってますね。LS7ブースターは国産ロケットH-2に使われたLE7のパロでしょう。LE7もかなり開発に苦労したらしいです。所長の名前が那須田―NASDA宇宙開発事業団、現在はJAXA(宇宙航空研究開発機構)そのまんまですね。安川が脱走するとき使った車が軽装甲機動車(通称ライトアーマー)陸自が普通科(歩兵)用に使用してるもの、一般に使うもんじゃない(笑)高機動車を発射台のパトロールにつかっていたし、基地警備に陸自が中隊規模で展開してるのかもしれませんが(側面にSSAのロゴ)。ちなみに実車は結構でかいですよ、表面もボンネットはざらざらしてます(磁着地雷対策か?)運転席は写真NGでした)。安川が千歳に帰ると言ってましたがテストパイロットとも言ってましたから岐阜基地が自然だと思ったのですが、TPの資格を持ち実戦配備されてるとしたら結構優秀なんでしょう、へたれですが(笑)


しかし、ゆかりを勧誘するのに「サルでも出来る」とはソユーズですか(笑)シェパードと言わないだけマシ?


ロケットを赤道面に近いところで打ち出すのは地球の自転の遠心力を利用するためらしいです、すると緯度の高いロシアで打ち上げるのは大変なんだろうなぁ。


アニメはキャラもかわいいし、CGも結構頑張って作ってるみたいですし、我輩ロケット大好きですから応援します!


来月は「MOONLIGHT MILE」も始まります、こっちも楽しみです。

スポンサーサイト


*Edit ▽TB[19]▽CO[2]   

~ Comment ~

最近、色々とお世話になってます。 

最初は、顔見せ的な感じの無難な所でしたので。
次回以降に期待ですね。
以前は、「ふたつのスピカ」&「プラネテス」。
今回は、「ロケットガール」&「MOONLIGHT MILE」。
宇宙モノ(ロケット)アニメが二つ続くので。
相乗効果も相まって、見ていて飽きがこなさそうです。
ところで、このアニメって1クール作品なんでしょうか?
できれば、2クールぐらいはやって欲しい所ですね。
ではでは~

祝!継続 

草刈鷲士さん、こんばんわ~♪
「ふたつのスピカ」&「プラネテス」はNHK的優等生アニメでしたね、はちまきは好きなキャラでした。そういえば安川:CV田中一成さんははちまきのCVでした。
>2クールぐらいはやって欲しい
原作は未読ですが、ぜひそうあってほしいです。

これからもいままでのポリシーでがんばってください
管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ロケットガール 『mission01 ディスティニィ-destiny-』 の感想みたいなモノ…

「ついにほーそーしますた」もう感動で涙が止まりませんよ・・・第1話は絶対リアルタイムで観てやるぞ!と意気込み、テレビに齧り付き!!「かじたらこわれまし」・・・私の歯のほうがね・・・ ・・・いや、そんな事より感想だ!小説をもう過去何回も読んでしまってい

ロケットガール 第1話「ディスティニィ -destiny-」

良い感触です。 笹本祐一、あさりよしとお氏らの啓蒙で、宇宙へ人類が飛び立つ事へのロマンが再注目されている中、「王立宇宙軍」以来、やっとこの様なアニメが出たな、という感触。 折しもH2Aロケットの打ち上げ延期と重なった放映というのも、幸か不幸か時代性を強く

ロケットガール #1

ロケットガール mission01 「ディスティニィ -destiny-」先週でストレインが終了し、今週から新番組ロケットガールがスタート。原作が10年以上前の作品でアニメも1クールしかなく、パイロットスーツとかの雰囲気がストラトス4にそっくりだったりと、正直そんなに期....

ロケットガール第1話

身長153センチ

ロケットガール 第1話

『ディスティニイ-destiny-』ぴったりだ!さつき君、こりゃイケルぞ!

「ロケットガール」第1話を見た。

 こんばんは。だんちです。先程、WOWOWノンスクランブル放送にて、新作アニメー

ロケットガール 第1話

サブタイトル「ディスティニィ -destiny-」  高校2年の森田ゆかりは、失踪中の父を探しにソロモン諸島を訪れる。  そこでは日本初の有人ロケット開発が行われていたが、計画中止の危機に追い込まれた那須田所長は奇策を思いつく...

ロケットガール 1話レビュー

やべぇ、これ面白いわ。ツボかも。ディテールに凝っているところも好きだし、キャラの性格付けも悪くない。話は単純で判りやすく、変に捻ることもないだろうから、存分に中身を楽しめそう。ジョークも好みだし、見ていて純

ロケットガール 。。。。 misson 01 ディスティニィ -destiny-

体重38キロの女子高生が宇宙飛行士に。べつに それは 問題ありません。何しろノープロブレムなら 宇宙飛行士は カプセルに入っているだけで 別段 やるべき事もない。アメリカ初の有人宇宙飛行マーキュリー計画。アメリカ人初の7人の宇宙飛行士、オリジナル・セ....

ロケットガール misson01 ディスティニィ -destiny- レビュー

1話を見た感想、原作既読者としては、良くできていたかなと。

TVアニメ ロケットガール 第1話 ディスティニィ -destiny- 感想

「TVアニメ ロケットガール」そういえば、WOWOWで新たに始まったこの番組を自分は見ていました。なんかロケットを打ち上げるアニメらしいんですが。ちょーフリフリの水着らしいんですが。ロケットガールで

ロケットガール 第1話「ディスティニィ -destiny-」

これは決して妄想ではない――。 宇宙への打ち上げのコストは重量に比例する。 低コストにするならパイロットは女子高生!? 富士見ファンタジア原作の宇宙開発もの? 何度なくアニメ企画が流れてきた伝説の作品(笑) 奇跡的にアニメ化?

ロケットガール 第1話 「ディスティニィ -destiny-」

ロケットガール 第1話 「ディスティニィ -destiny-」 原作はまったく知りません。奏光のストレインの後番です。

ロケットガール 第1話 「ディスティニィ -destiny-」

第1話 ディスティニィ -destiny-

新番組チェック 2/21「ロケットガール」

 那須田さん(=NASDA←JAXAの前身)のネーミングが直球でウケた。

ロケットガール 第01話 ディスティニィ -destiny-

ロケットガール・・・ストラトスフォーみたいな感じかと思ってたんですが、訓練された飛行士ではなく、ホントに女子高生が宇宙に行く話らしいw なかなかのトンでも話ですな~。有人飛行計画が打ち切り寸前なので、所長?が焦ってるのは分かりますが、さすがに女子高生が乗

▼ロケットガール 第01話 「ディスティニィ -destiny-」▲

「さてさて、始まっちゃったロケットガール」「突然だけど、たぶん30秒じゃ分からないロケットガール講座!」             「さぁ、行ってみよう~!」「打ち上げロケット!」「謎の美少女?」「飲め、飲め~」「誰・・このオッサン?」「...

(アニメ感想) ロケットガール 第1話 「ディスティニィ -destiny-」

女子高生、リフトオフ!―ロケットガール〈1〉日本初の有人ロケット打ち上げを目指し、南太平洋のソロモン諸島・アクシオ島で活動を続けるソロモン宇宙協会。しかし、新型ロケットLS-7の打ち上げはことごとく失敗し、所長の那須田 勲は窮地に立たされてしまう。最後の手段...

父を尋ねて「ロケットガール」

始まりましたロケットガール。何の予備知識ももたず、ただイベントの掲示物でしか見かけてなかったので余計な期待をしないですみました。無い乳をこよなく愛する私としては見せびらかすだけの巨乳少女は苦手です。
  • naviL-3.gif
  • naviR-3.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。