144分の1から

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

ホビー

世界の翼DX成層圏を越えて

 

TAKARAから「世界の翼DX・成層圏を越えて」発売中


1個399円(税込み)12個入り1BOX購入しました。11種+シークレット1種、全12種。


20070123171857.jpg
 



世界の翼シリーズの第3弾なんですが、DXと通し番号ではありません。今回の目玉は「ISS国際宇宙ステーション」それぞれのアイテムにボーナスパーツとしてISSのパーツが入っていて、基本のISS(2006年)に組み合わせるとISS完成形になります。つまり12個は買ってくださいね!という戦略です(笑)希望通り12個買いました。シークレット1個ゲット!がしかし、これが落とし穴。シークレットが入っていたためISSのパーツがそろいませんでした(><)


宇宙航空研究開発機構JAXAのHP


ではラインアップを紹介しましょう


写真左C-17AグローブマスターⅢ 量産型(左、M1A付) 原型機(右、M3付)


写真右Tu-160ブラックジャック  ソビエト空軍(左)ロシア空軍(右)


20070123171918.jpg20070123171930.jpg
Tu160の主翼は展開・後退状態の両方がついてます


写真左B-747  日本政府専用機(左) YAL-1Aエアボーンレーザー(右)


写真右 スペースシャトル(ディスカバリー) ISS 2006年(右)


20070123171950.jpg20070123172022.jpg
YAL-1Aエアボーンレーザーは試作型


写真左 ニッセンチョッピー号 06年(左) 04年(右)


写真右 YB-49(左) XB-35(右)


20070123172047.jpg20070123172056.jpg


写真左 シークレットのAL-1Aエアボーンレーザー


写真右 ISS完成形(実は未完成)


20070123172123.jpg20070123172137.jpg
AL-1AとYAL-1Aの違いは機首部と操縦席上の測距装置の有無


今回も飛行船が1種入ってましたので第1弾と第2弾そして「日本沈没」から飛行船を紹介します。


写真左 ツェッペリンNT、フジカラー号、ニッセンチョッピー号


写真中 「日本沈没」ツェッペリンNT、ニッセンチョッピー号


写真右 B747との比較、以外にでかい飛行船


20070123172157.jpg20070123172209.jpg20070123172219.jpg


スケールはすべて1:700、原型製作はピットロード社


今回も渋い選択、エアボーンレーザーなんか知らない人が多いでしょうね~。グローブマスターに付属のM1,M3はちっこいけど(1:700のため)いい感じです。ISSはパーツが非常に細かく破損しやすいので組み立ては慎重さが必要(実は折っちゃいました)です。ニッセンチョッピー号は別売の「LEDユニット」を組み込むと実機同様にライトアップができます。


YB-49は1948年6月にマノック基地でテスト飛行中墜落事故を起こし乗員5名全員死亡してしまいました。この時の機長がグレン・エドワーズ大尉。その名を記念しマノック基地はエドワーズ基地と改められました。その約40年後、ノースロップ社の執念はB-2を完成させエドワーズの地でテストが行われました。

スポンサーサイト


*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。
  • naviL-3.gif
  • naviR-3.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。