144分の1から

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

天保異聞妖奇士(終了)

天保異聞妖奇士説十二

 

説十二「駁竜(はくりゅう)、月に吠える


元閥とアビによる前回までのあらすじで二人の出番はおしまい、ごくろうさま。

アソベたちに囲まれてしまったゆきあつ雲七が円盤に変身しアソベを押し流す(河童の河流れ~)ワンダー3を連想。一方本庄に仇討ちするため加納が現れるが小笠原ゆきあつによりその場から退場処分。日光東照宮に到着した土井の一行は家康の霊廟に貼られた呪いの札を目の当たりにする。家康の霊を封じた怪しい組織は地霊「」をよびだす、強大は力の「」にゆきあつも苦戦、ついに雲七と融合し霊獣「駁竜(はくりゅう)となるがそれでも殺生石を取り込んだ「」にかなわない、加納の機転で殺生石を打ち抜き「」を倒すことが出来た。幕臣としてのけじめをつけるため小笠原加納を斬る。友人を斬らねばならなかった小笠原は思い悩む。


次回説十三「地獄極楽風聞書」来年1月6日放送


友を斬る小笠原、徳川にとっての聖地日光に巣食う膨大な妖夷、ディープな話なのだが宰蔵のトホホな泣き顔、鼻水、加納の肉が食いたそうな顔などライトな演出が全体としてあまり暗くならずにすんでいるようだ(最後は宰蔵の鼻ちょうちん、かわいそう)前に登場し苦労した「ムジナ」も今回は合成のねたあつかいですか(とほほ)しかしゆきあつも益々人間離れしてきましたね。次回は舞台を江戸吉原にアトルの出番ですね。


演出・絵コンテ/横山彰利

スポンサーサイト


*Edit ▽TB[16]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「天保異聞妖奇士」第12話

説十二「駁竜、月に吠える」日光街道で妖夷退治をする本庄らは、怪しい力を持つという石の欠片を手にしていた。だが、それを謎の集団「西の者」たちに奪われてしまった。日光東照宮で巨大な妖夷を出現させる西の者たち。往壓は漢神で戦うが歯が立たない。雲七と合体した雪..

天保異聞妖奇士 説十二『駁竜、月に吠える』感想

江戸さんとアビさん(この二人好きv)による前フリスタート。あらすじあやし?(爆)ある意味、衝撃的な回でしたよね今回。ってかこれ、最終回!?みたいな。

妖奇士: 説十二

天保異聞 妖奇士 説十二「駁竜、月に吠える」 前回登場した謎の仮面の一団「西の者」の目的。

妖奇士・第12話

「駁竜、月に吠える」 暴れ出した遊兵。さらに、本庄を狙う加納。混乱する状況。老中

TVアニメ 天保異聞 妖奇士 説十二「駁竜(はくりゅう)、月に吠える」

日光道中を突き進むゆっきーと放三郎さんですが。放三郎さんは「ほうちゃん」で良いですかね?wwこうでもしないと、私の気分が盛り上らないし。それにしてもアビがヤケ酒してるんですけど!!今回

天保異聞・妖奇士「駁竜、月に吠える」

前話までのあらすじが上手くまとまっていて良かったです。アビとエドゲン、いい仕事をしています(笑)。でも、これで仕事は終わりか! うーん、出番が少ないですねぇ。え? 宰蔵…ですよね? どうしちゃったの? 滝の涙にビックリした。あと、目が点と鼻ちょうちんにも。う

天保異聞 妖奇士 第12話「駁竜、月に吠える」

今回、後半の空中戦がとても激しかったですね。雲七の宿る雪輪と往ちゃんの合体した姿。それは【駁】と呼ばれる、伝説の上での龍を凌駕すると言われる優れた霊獣でした。何だか顔が人面に見えるんですが、気のせい(

天保異聞 妖奇士 説十二「駁竜、月に吠える」

雪輪(雲七)って意外と便利?w

天保異聞 妖奇士 第12話 駁竜、月に吠える

合体しちゃったよ。ゆきと七が合体しちゃったよ。格好いいことには格好いいんだけれども、全裸を晒すし服はどこに行っちゃったんだよう。宰蔵は顔芸に特化しているだけで終わったし。やはり全体的に男色の気が見え隠れする。天保異聞 妖奇士 一 (完全限定生産)

天保異聞 妖奇士 あやかしあやし説十二(じゅうにのはなし)『駁竜(はくりゅう)、月に吠える』

説十二(じゅうにのはなし)『駁竜(はくりゅう)、月に吠える』

「天保異聞 妖奇士」に未萌を見る◆維新不遠 生天保之世 

説十二「 駁竜月に吠える 」 このアニメは本当に日本の景色が素敵だナァ。 それに比べてコードギアスの悪しき日本のイデオロ

アニメ「天保異聞 妖奇士」第12話 感想。

第12話「駁竜、月に吠える」江戸居残り組のアビと元閥。ご丁寧に前回のあらすじを語ってくれ、そして役目終了(笑)。川の中でこちらを見つめている妖夷を、半眼で見つめる往壓。狂ってしまった妖夷は、ただ往壓達を追う。妖夷の群れを何とか追い払った往壓達――ではなく雪

天保異聞 妖奇士 12話「駁竜、月に吠える」

 このOPも後一回で見納めなのかな? いきなりアビがナレーションをしているので驚いていたら、次は元閥が話していた。しかし放三郎の事を呼び捨てにしていたので、キャラとして話しているのではないのかなぁと思っていたら、往壓の事は竜導さんと呼んでいた。……どういう
  • from 草紙 
  • at 2006.12.26 12:38

(アニメ感想) 天保異聞 妖奇士 第12話 「駁竜、月に吠える」

天保異聞 妖奇士 一 (完全限定生産)怪しい力を持つと言う謎の石の欠片「殺生石」。本庄はそれを西の者と呼ばれる謎の集団に奪われてしまいます。「西の者」はそれを使い日光東照宮で、ある巨大な妖夷を復活させようとしていたのでした・・・。

(アニメ感想) 天保異聞 妖奇士 第12話 「駁竜、月に吠える」

天保異聞 妖奇士 一 (完全限定生産)怪しい力を持つと言う謎の石の欠片「殺生石」。本庄はそれを西の者と呼ばれる謎の集団に奪われてしまいます。「西の者」はそれを使い日光東照宮で、ある巨大な妖夷を復活させようとしていたのでした・・・。

天保異聞 妖奇士 説十二

天保異聞 妖奇士 一 (完全限定生産)【説十二『駁竜(はくりゅう)、月に吠える』】時間がないので簡単に。今までで一番面白かったかなぁ。アビと元閥が初っぱなに前回のおさらい!これだけでも面白いのだけど、その直後に唖然とした往壓さんの顔が、アビたちにも妖...
  • naviL-3.gif
  • naviR-3.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。