144分の1から

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

もっけ(木曜)

もっけ 第2話「ナガレイズナ」

 

第2話「ナガレイズナ」


近所のお稲荷さんのお供えが最近なくなってるらしいと聞いた瑞生、よせばいいのにお稲荷さんに確認にいくのだが・・・生来、物の怪に取り憑かれ易い瑞生やっぱり憑かれちゃいますが今回は自称なんたらの神様という胡散臭くて偉そうなもの。


mokke0201.jpg



ところがこの神様()瑞生にカンニングをそそのかすお節介焼、でもクラスメイトの捜し物は見つけるし、学級新聞の資料を探す手伝いはしてくれるしと何かと瑞生のお役に立っている。上機嫌の瑞生は下校途中、姉の静流といっしょになる、普通の人には見えないものが見える<見鬼>の静流は瑞生に憑いてる物を<イズナ>であると見破る。正体のばれた<イズナ>は自分が主を亡くし流浪の旅の途中であることを話す。同情だけではない思いもあったのかしばらくはイズナにいてもいいと瑞生、心配そうな静流だが。


mokke0202.jpg



イズナの力を借りることで一人張り切る瑞生だが、クラス発表で地元の蔵屋敷の取材に行く途中、瑞生の心無い言葉から友人たちとけんかになってしまう。瑞生はイズナに八つ当たりで「あんたなんか友達なんかじゃない!」と叫ぶ、つむじ風が起こる中丁度そこに現れたのが猫のミケ。天敵の猫にイズナはたまらず逃げ出すのだが去り際に「初めて友達ができた、感謝する」と。


自分が悪いのにイズナのせいにして酷い言葉を言った瑞生は静流に泣きながら反省する。翌日学校で友達に素直に謝る瑞生に、友達も快く瑞生のがんばりを認める。そしてめでたく瑞生たちのレポートが新聞に掲載された。


mokke0203.jpg



原作コミック第1巻#3「ナガレイズナ」から、今週のお話は原作よりドラマチックでしたね、瑞生は原作では結構ドライな性格なんだが、アニメのほうが子供っぽくて好感が持てます。イズナの声をあててたフリーザ様中尾隆聖氏はさすがですね好演です。先週は少し辛口になってしまいましたが今週は◎です。


次回 「オクリモノ」


キャスト


檜原静流:川澄綾子


檜原瑞生:水樹奈々


イズナ:中尾隆聖


亜季:ゆかな


高津:釘宮理恵


笠間:斉藤千和






スポンサーサイト


*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。
  • naviL-3.gif
  • naviR-3.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。