144分の1から

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

ホビー

世界の艦船「海上自衛隊潜水艦史」

 

世界の艦船「海上自衛隊潜水艦史」


jms001.jpg



タカラ・トミーから世界の艦船シリーズ最新作「海上自衛隊潜水艦史」が発売されました。1個399円(税込み)11種+シークレット1種、全12種。12個いり1BOXを購入、無事12種コンプリート。


それではラインアップ紹介。



SS-501「くろしお」 1955年


海自初の潜水艦はアメリカ海軍ガトー級「ミンゴ」の供与でした。1970年に返還されました。


排水量(基準/水中) 1526/2400t


jms002.jpg




SS-511「おやしお」 1960年


海自初の国産潜水艦、川崎重工神戸で造船され76年に退役。


排水量(基準/水中) 1100/1400t



jms003.jpg



SS-521「はやしお」 1962年


水中運動性を重視した対潜潜水艦として製造されましたが小さすぎたため汎用性に欠けていたらしい。


排水量(基準/水中) 750/930t


jms004.jpg




SS-523「なつしお」 1963年


「はやしお」級を2m延長し艦底部に昇降型サーチライト・ソナーを装備。80年に「ふゆしお」退役。


排水量(基準/水中) 790/1000t



jms005.jpg



SS-561「おおしお」 1965年


老朽化した「くろしお」の代替のためほぼ同じ排水量の大型艦、三菱重工神戸で製造。81年退役。


排水量(基準/水中) 1600/2200t



jms006.jpg



SS-562「あさしお」 1966年


準同型艦で4隻建造。川崎重工神戸と三菱重工神戸で2隻づつ製造。86年「あらしお」退役。


排水量(基準/水中) 1650/2250t



jms007.jpg



SS-566「うずしお」 1971年


涙滴(ティアドロップ)型の採用により水中抵抗軽減や潜航深度の増大、運動性の向上と良い事ずくめ。細かな改良を施しながら7隻建造。96年に最終艦「やえしお」退役。


排水量(基準/水中) 1850/2400t



jms008.jpg



SS-573「ゆうしお」 1980年


第2世代涙滴型、広島呉の資料館に地上展示されているのは7番艦の「あきしお」。5番艦「なだしお」からはハープーンを装備。9番艦「ゆきしお」だけが練習艦として現役。


排水量(基準/水中) 2200/2900t



jms009.jpg



SS-583「はるしお」 1990年


「ゆうしお」型の発展型、7隻建造され現在も海自の主力艦。


排水量(基準/水中) 2450/3200tjms010.jpg




SS-590「おやしお」 1998年


最新鋭の潜水艦、船体中央の平行部分が長い葉巻型、海自初の側面ソナー装備、吸音タイル等最新技術の塊。年1隻、現在9隻が配備されています。


排水量(基準/水中) 2750/3500t



jms011.jpg


大きさの比較として同スケールのB747と並べてみました。



jms014.jpgjms015.jpgjms016.jpgjms017.jpg


付属のデカールを使えば海自が装備した全47艦を再現可能。


jms018.jpgjms019.jpg


シークレットは1910年(明治43年)日本で最初の潜水艦事故を起こした第6号潜水艇DSRV(1985年)深海救難艇。救難母艦「ちよだ」に搭載されています。ちっちゃいけど大きな働きをします。


jms013.jpgjms012.jpg



 
スポンサーサイト


*Edit ▽TB[0]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。
  • naviL-3.gif
  • naviR-3.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。