144分の1から

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

天保異聞妖奇士(終了)

天保異聞妖奇士説二十四

 

「後南朝幻想(ごなんちょうげんそう)


この世を拒んだアトルは巨大な妖夷を生み出す。


ayasi2401.jpg



ゆきあつの説得にも耳を貸さないアトルは異界に向かおうとするが、西の者たちの放った札に妖夷を封じられてしまう。西の者は妖夷を操り印旛沼は大混乱、鳥居から全ての事情を聞いたゆきあつは妖夷を消すため雲七と合体。


ayasi2402.jpg


妖夷を倒し吸収したゆきあつはその姿を黄金に輝く龍の姿に進化させる。だが人に戻ったゆきあつの姿も人間のものではなかった。元閥は西の者から渡された竜のみを切ることができる神器ムラクモノ刀でゆきあつの体を貫く。


ayasi2403.jpgayasi2404.jpg



次回最終回「ヒトハアヤシ」


ゆきあつがアトルに求めたのは「分別」というものだろうが、あんたにゆわれたかね~よって感じ?説得力はありませんでしたね。ストレートに「俺の女になれ!」とかいえばいいのに()


ケツアルクワトル、リバイアサンとでましたから最後はやっぱりバハムートでしょうか。



スポンサーサイト


*Edit ▽TB[17]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天保異聞 妖奇士 第24話

サブタイトル「後南朝幻想(ごなんちょうげんそう)」  アトルが作り出した妖夷を、自在に操る西の者。  彼らの正体と鳥居の思惑が、今明かされる!

妖奇士・第24話

「後南朝幻想」 現実への絶望から、異界への扉を開き、妖夷を生み出してしまったアト

天保異聞 妖奇士 あやかしあやし説二十四『後南朝幻想(ごなんちょうげんそう)』

説二十四『後南朝幻想(ごなんちょうげんそう)』

天保異聞 妖奇士 説二十四 「後南朝幻想」 感想

わからない… どうして、私がわからなければならない――…

天保異聞 妖奇士 第24話「後南朝幻想」

今回は最終回を目前に、次々と様々な事実が明らかにされました。まずは、“西の者”達について。嘗て天皇家は、北朝と南朝に分かれて争っていた。やがて、両陣は合一されたものの、南朝はそれに不満、独自に血統

アニメ「天保異聞 妖奇士」第24話 感想。

第24話「後南朝幻想」この世を拒んだアトル。彼女が異界から生み出したのは、祗影という巨大な妖夷だった。妖夷を生み出した光景は誰も見た事がなかった。しかし今、この瞬間に妖夷は確かに奇士達などの前で生まれた。狂斎はアトルの元へと向かう。こっちを見ろ、見てくれ。

「天保異聞 妖奇士」  説二十四『後南朝幻想』

アトルがラスボスなのかと思ったらあっさりのっとられた。そんで妖夷が実は神が乗るものだったのだと明かされた。うーん、そうなのか…。なんだかいろいろさすがに打ち切りによるひずみが大きく出すぎててちょっ

天保異聞妖奇士#24「後南朝幻想」

アトルが妖夷を作ってしまった「アトルはオレが連れ戻す!!」遂にじじいと狂斎の対決か!?狂斎がむきになる=アトルのことが好き『私は異界に行く。こんなことに思い悩むこともない』アトルを止めようとして彼女を説得するが、ユキアツの言葉は耳に届かなかったそこに突..

「天保異聞妖奇士」第24話

説二十四「後南朝幻想」この世を拒んだアトルは、異界から祗影という巨大な妖夷を生み出した。その出現に、印旛沼は土石流に飲み込まれていく。混乱の中、奇士たちの前に西の者たちが姿を現す。札を使い、妖夷を意のままに動かすことができるという彼らの正体とは・・・。..

天保異聞 妖奇士 第24話「後南朝幻想」

アトルが異界から産んだ妖夷。 往壓は駁の姿に変わって戦うが… 妖夷とそれを操れる西の者の正体が明かされる――。 シリーズの全ての謎が明かされる急展開(汗) でも、一番のサプライズは次回予告(笑)

天保異聞 妖奇士 説二十四

「後南朝幻想(ごなんちょう、げんそう)」アトル想像力豊かですね。キョウサイ君が必死!好きな子にいいとこみせたいしね~。シュナイゼルお兄様のアバロン?のようだ(笑)表情がせつないし痛々しいよアトル。呪札がはりつくシ―ンが美麗。鬼の口から札がでるシステムなん

(アニメ感想) 天保異聞 妖奇士 第24話 「後南朝幻想」

天保異聞 妖奇士 あやかしあやし 三アトルの絶望が、祗影と言う巨大な妖夷を産み出した。その時、西の者達が姿を現す。果たして彼らの目的とは?・・・。

天保異聞 妖奇士 第24話

「後南朝幻想」なら、私は異界へ行く

天保異聞 妖奇士 24話「後南朝幻想」

 ラスト2回って事で、説明の多い話だったなぁというのが一度見ての感想だったな。 アトルによって妖夷が生まれた。誰も見た事がなかったという妖夷誕生の瞬間を見て皆呆然としていた。妖夷の頭に乗ったまま何処かへ向かうアトルを、狂斎が追いかけた。いつも余裕を持った
  • from 草紙 
  • at 2007.03.30 12:59

天保異聞妖奇士 説二十四「後南朝幻想」

突然、怒涛の展開になりました。あの、御札を持つ西の者達。後南朝の血筋だというんです。どうやら鳥居もこの事を知っていた模様。そして妖夷は神が残したもの操れるのは神だけだから、天皇の血を引く我らだけって、え?それ、イコール神って思想、まずいですってばよぉ~>
  • naviL-3.gif
  • naviR-3.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。