144分の1から

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

MOONLIGHT MILE(木曜)

MOONLIGHT MILE mission:03

 

「ラストスイング」


BS(ビルディングスペシャリスト)として初の宇宙飛行から帰還したクリス・ジェファーソンは次の飛行までの間をテキサス州ヒューストンにある姉のモエラの家で過ごす。



mm0301.jpg



日米で共同開発した宇宙用建設重機AX-48「パワーローダー」の操作マニュアル作りを担当する吾郎はモエラと同棲中であった。BS同士の吾郎とクリスは訓練、休暇を一緒に過ごし意気投合する。


フロリダ州ケープ・カナベラルから打つ上げられたシャトルに乗ってクリスは再び宇宙に上がる。「パワーローダー」での作業中、姿勢制御系のトラブルで宇宙空間で身動きの取れなくなったクリスの「パワーローダー」にデブリ(宇宙塵)が衝突し回転を始める。設計段階からEVA(船外活動)用宇宙服の着用を不要としていたことが仇となりドッキングが出来ない以上救出が不可能となる。



mm0302.jpg


吾郎は回転を止める方法を探るためシュミレーションを繰り返し、ある方法を提案する。


それは「パワーローダー」のロケットノズルユニットを切り離し、マニュピレーターでそれをかっ飛ばし、慣性モーメントを相殺するというもの、ただしチャンスは一度きり。吾郎の能力を信じクリスは作業を開始する。


メジャーリーグ、テキサスレンジャーズの始球式のマウンドには奇跡の生還をとげたクリスが観衆の声援に手を振って応えていた。球場の外では日本の有人飛行計画のため帰国する吾郎とモエラが別れを惜しんでいた。


次回 mission:04「砂漠の誓い」


理代子が言ってる様に打ち上げはフロリダ州ケープ・カナベラル(ケネディ宇宙センター)はアメリカの南東部、訓練、開発、管制業務はテキサス州ヒューストン(ジョンソン宇宙センター)は南中部、今回は出てきませんでしたがJPL(ジェット推進研究所)はカリフォルニア州パサデナ(西部)とアメリカの宇宙開発は全土に散らばっており、飛行士はNASAの航空機で移動します、クリスが飛ばしていたのはノースロップ社製の練習機T-38Aタロン、F-5にそっくりですが開発は別に行われたそうです。アメリカ空軍のアクロチーム「サンダーバーズ」もF-4の後継機としてF-16になるまでの間使用されていました。(燃料費の高騰で燃費の良いタロンになったとか)。最近女性飛行士がヒューストンとカナベラル間をおむつをして車で移動し不倫相手を殺そうとした醜聞事件があり、この女性はクビになったそうです。ともあれT-38Aタロンは現在も連絡業務やチェーサー(追跡機)として活躍しています。


スポンサーサイト


*Edit ▽TB[1]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「MOONLIGHT MILE」MISSION:03 ラストスイング

「デブリめ、いきなりデッドボールかよ」
  • naviL-3.gif
  • naviR-3.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。