144分の1から

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit   

天保異聞妖奇士(終了)

天保異聞妖奇士説二十三

 

印旛村古堀御普請」


下総の印旛沼の治水工事現場に黒坊主という妖怪が現れ工事を妨害する。

老中水野の命を受けた鳥居耀蔵が工事の差配をしていることもあり、工事が失敗すれば鳥居は失脚、その上司である老中水野にもお上からの叱責はまぬがれないとの政治的判断で重臣土井らは奇士の出動を禁じてしまう。幕臣である小笠原はその命には逆らうことが出来ない、ゆきあつたちは勝手に印旛沼に赴くことに。しかし、黒坊主は使役に耐えかねた農民たちが言いふらした虚言だった、かわりにいたのが蝦蟇の妖夷に姿を変えた人々。蝦蟇たちはそこから逃げるために異界の扉を開けようとしていた。


次回説二十四「後南朝幻想(ごなんちょうげんそう)


今週はおちゃらけなしのシリアスオンリー、保身を考えない鳥居の愚直なまでの生き方にはこの人物の見方を変えさせられる。印旛沼の件は以前にもアニメ内でその名が出ていましたから會川昇氏が描きたかったのはこの歴史的事実と現代社会とをシンクロさせた社会派アニメなのではなかったか、と考えたのですが穿った見方かな?

スポンサーサイト


*Edit ▽TB[23]▽CO[0]   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

TVアニメ 天保異聞 妖奇士 説二十三「印旛沼古堀筋御普請(いんばぬまふるほりすじごふしん)」

さあさあ、アトルちゃん。夢の中でゾンビいっぱいだよぉっ!!彼女もなんか考えることがあるみたいだね。でも、その夢の中で見たことが現実となって起こるみたい。だけど長いし読みにくいし難しいって三拍子揃った

天保異聞 妖奇士 第23話

サブタイトル「印旛沼古堀筋御普請(いんばぬまふるほりすじごふしん)」  印旛沼の工事現場に端を発する妖夷の噂。  少年の意図に反し、現れる数々の妖夷。  そしてその陰には、またしても”西の者”の姿が...?

天保異聞妖奇士 説二十三「印旛沼古堀筋御普請」

天保異聞妖奇士の第23話を見ました。説二十三 印旛沼古堀筋御普請アトルは突然、大きな人型をした妖夷に囲まれてしまう。そして、異界に飲み込まれてしまうという夢を相変わらず見ていた。「私はまだここにいる…ぅ…」下総国 印旛沼普請現場印旛沼の工事中に相次いで水..

天保異聞・妖奇士「印旛沼古堀筋御普請」

この世には答えのない問いがいくらでもある――。狂斎のこの言葉がキーワードですかね。アトルはこの世に希望を見いだそうとしていた。異界を求めるのではなく、ここで生きていくために。だが、見せつけられたのは理不尽なものばかり。希望なんてどこにもない。だったら、異

妖奇士: 説二十三

天保異聞 妖奇士 「印旛沼古堀筋御普請」 鳥居耀蔵の為政者としての正しさと,アトルの個人としてのどうしようもない絶望。

アニメ「天保異聞 妖奇士」第22話 感想。

第22話「印旛沼古堀筋御普請」アトルは夢を見た。それは自分が異界に連れて行かれてしまう夢。目を覚ましたアトルは、私はまだここにいる。そう呟く。その日は雨が降っていた。下総の国。印旛沼普請現場では、黒坊主が出たと騒ぎが起きていた。本庄はこの普請を必ずやり遂げ

天保異聞 妖奇士 第23話 印旛沼古堀筋御普請

おおっ中ボスっぽいラスボスの予感。どうやらやっと仮面の人たちとガチでやりあいそうな感じ。鳥居が結構良い奴のように見えてしまいますがな。ネタ成分がカットされてしまった。

天保異聞 妖奇士 第23話「印旛沼古堀筋御普請」

降りしきる雨の中、水面にぽっかりと開いた異界への入り口へ接近するアトル。「何で人は死ぬ。何で苦しむ。こんな世に何の意味がある。」そう呟きながら振り返ったアトルの周囲を覆う水飛沫。その直後に、往ちゃん

「天保異聞妖奇士」第23話

説二十三「印旛沼古堀節御普請」下総の国、印旛沼の工事中に相次いで事故が発生していた。それは、黒坊主という妖怪の仕業だという。工事を中止させるため、江戸へやって来た太作という少年から、黒坊主の噂を聞く奇士たち。だが、小笠原は妖夷退治に動こうとしない。工事..

妖奇士・第23話

「印旛沼古堀筋御普請」 工事中の印旛沼で起こる事故。そこで語られるのは「黒坊主」

天保異聞妖奇士 説二十三~いきなり鳥居様大活躍~

今回は話が特に難しかったです(苦笑)あらすじ等は他ブログさんの記事を見てもらうとして・・今回は久々にイラスト描いてみました(^ー^)以前は宰蔵の巫女姿を描いたんで、お次はアトルの禿バージョンです\(^-^)/ケータイの写メ画像なんでぼやけてますが(笑) 今回は鳥居様

天保異聞 妖奇士 #23 「印旛沼古堀筋御普請」

中間管理職も辛いですね(〃゚д゚;A アセアセ…印旛沼の工事が失敗して鳥居が失脚すれば蛮社としては妨害をする者がいなくなるわけですが、でもだからといって印旛沼の妖夷を見逃してしまうのも納得がいかず。小笠原さ

天保異聞 妖奇士 あやかしあやし説二十三『印旛沼古堀筋御普請(いんばぬまふるほりすじごふしん)』

説二十三『印旛沼古堀筋御普請(いんばぬまふるほりすじごふしん)』

天保異聞 妖奇士 23 話「印旗沼古堀筋御普請」

 薄暗い場所で人の姿を象った得体のしれない者にアトルは突然追われていた。かと思ったら足元が光りそのまま沈んでしまった。まぁ、沈んだり落ちる夢を見たら目がさめるって聞いた事があるけど、アトルの場合もそうだった。……何やら不吉な夢だなぁ。アトルは異界へ行きた
  • from 草紙 
  • at 2007.03.19 12:46

天保異聞 妖奇士#23

ケロロが始まるからか妖夷もカエル?ケロロみたいに可愛くないんですけど下総の国、印旛沼の工事現場で相次いで事故が発生黒坊主という妖夷の仕業らしい奇士たちは太作という少年から黒坊主の話を聞くユキさんに、「小笠原様の側にいてやれ」とお留守番の宰蔵親父!皆!!..

天保異聞妖奇士#23この世に何の価値がある

凄く解り難いお話でありました。最終回近し・・ではありますが・・ひとつだけ解ったのはあの妖夷が”西の者”の仕業であり彼等と元閥とが関係あると言う事・・そして鳥居さんも根っからの悪ではないその位でしょうか・・説二十三『印旛沼古堀筋御普請』鳥居さん肝煎りの印..

天保異聞妖奇士 第23話「印旛沼古堀筋御普請」

異界を求めるのは悪いことか――? 印旛沼の工事を妨げる黒坊主という妖怪。 小笠原は工事中止が鳥居失脚に繋がると動けない。 往壓たちは制止を振り切り印旛沼に向かうが… その裏には西の者の影が。

天保異聞 妖奇士 第23話

「印旛沼古堀筋御普請」異界・・・

天保異聞妖奇士 説二十三『印旛沼古堀筋御普請』感想

アトルが見た悪夢スタート。事件は江戸じゃない、印旛沼で起こってるんだ!(爆)

天保異聞 妖奇士 説二十三

「印旛沼古堀筋御普請(いんばぬま、ふるほりすじ、ごふしん)」アトルがあまりにも廓から抜け出すからお仕置かと。必ず名前がでますねトリイ様。パパ達は人間じゃなくなったの?解説テロップとは優しくなりましたね。すきがありすぎ(笑)ドド―ンとババ―ンじゃわかりにく

「天保異聞 妖奇士」に未萌を見る◆維新不遠 生天保之世 

説二十三「印旛沼古堀筋御善?」 アトル、いかないでくれ!

(アニメ感想) 天保異聞 妖奇士 第23話 「印旛沼古堀筋御普請」

天保異聞 妖奇士 あやかしあやし 二そこに、黒坊主という妖怪がいると言う・・・。下総の国、印旛沼の工事では相次いで事故が発生していた。その原因となっていたのは、黒坊主という妖怪の仕業である言う・・・。その頃江戸では、狂斎が太作という少年と出会っていた・・...
  • naviL-3.gif
  • naviR-3.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。